遺影 遺影写真とは

遺影写真とは、故人を偲ぶため、葬儀の際に祭壇などに飾る故人の写真のことです。「終活」という言葉が使われるようになって久しいですし、ご自身の、あるいはご家族の死後を意識して、遺影をどうすべきか考えている方も多いのではないでしょうか。

この風習は日本独自のものとして発達してきました。遺影の起源については諸説あり、はっきりとした起源は分かっていませんが、江戸時代に亡くなった役者などの有名人の冥福を祈るために販売されていた浮世絵「死絵」が始まりだったと考えられているようです。他には葬儀の様子を描いた「葬儀絵巻」や、不幸な亡くなり方をした方を供養するため寺社などに飾られた「供養絵巻」なども関連があると見られています。

遺影写真の選び方

遺影写真を選ぶときは、故人の人柄が分かるような写真にしましょう。穏やかで優しい人なら笑顔で写っている写真を、真面目で実直な人ならキリッと引き締まった表情の写真を選ぶと、遺影を見たときに故人を思い出しやすくなります。

お葬式の時は遺影を作らなかったけれど、
やっぱりあの人にもう一度話しかけたい。
旅立つときはいい顔で、お気に入りの自分で納得のいく写真を家族にのこしたい。

もちろんそのような写真を持っていなければ、あとから合成なども可能です。
免許書などの写真を引き伸ばしてスーツや着物姿の体と合成したり、
髪の毛の整え、帽子削除、メガネ除去など様々な遺影加工方法で、故人を思いだえる写真にしましょう。

ヤヤフォトの遺影写真修正遺影加工サービスをご利用頂ければ、古い写真をきれいに復元できます。遺影写真の選びが解らない方には、第一希望や第二希望・・・として、全て送っていただき、
一番故人の雰囲気を残しつつ、美しく仕上げできる遺影写真を作らせていただきます。

遺影写真を選ぶポイント

背景や服装

故人がとても良い表情で写っている写真があり、遺影に使いたいと思っても、「背景に他の人が写っていた」という場合もあるでしょう。そんな場合でも諦める必要はありません。背景の変更だけでなく、複数人で写っている写真の中から、故人だけを残して遺影用に加工したり、隠れている部分の復元することも可能です。

ヤヤフォトも約何百種類の遺影背景や服装を用意しております。
その中から必ず故人にピッタリの背景を選べるでしょう。

背景や遺影着せ替えの差し替えは基本加工料金に含まれていますので、別途料金を発生しません。
遺影の背景なら、女性の場合ピンク系、男性の場合ブルー系を多く選ばれていますので、
ご参考になるかと思います。

着せ替えは、そのままか和服・普通の洋服に着せ替えることも半々です。
遺族のご希望に添えて、故人らしい一枚を作りましょう。

遺影のフレームについて

遺影のフレームは黒の漆塗りが普通でした。しかし最近ではカジュアルで、どんなものを使ってもいいという流れになっています。

ヤヤフォトは遺影加工サービスだけではなく、遺影写真と関連消費の遺影額も豊富に用意しております。海外から仕入れておりますので、日本での販売よりかなり安く仕入れられます。
遺影写真とふさわしい遺影額を付けて、一式お渡したほうがいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です